2010年01月21日

アバター

冬休みは アバターを観ることに決まっていたんだけど
なかなか4人の予定が合わず結局 3学期始まってしまいました。
そのうえ 主とアタシの仕事が終わり次第、隣の隣町まで車で急行です。

それというのも 3D版を観るためなのです。
わが街では3D版は上映してなく 札幌中心部よりは郊外の街の方が車なら楽だろうと隣の隣町まではるばる来ました。
悪天候吹雪あーんど地吹雪。途中高速道路は止まってるし
結局1時間かかって上映時間の10分前に到着。

3D映画は スパイキッズってのをずいぶん前に見ました。
青と赤のメガネのやつでした。
今回は プラスチックフレームで色は普通のサングラス。
かけ心地、レンズを通しての見えやすさもかなり向上( ・ω・)b

上映前の予告編では ジョニー・デップさんの不思議の国のアリスをやってて それも3Dでした。
飛び出しさ加減もかなーり向上。
以前は青赤メガネを通しても いびつだったんです。
それが 今回はかなりクリア。
かなりってか 違和感がない。

でもね
映画のストーリー的にも飛び出す絵本の延長っぽぃのは否めませんでした。「ほ~ら すごいでしょー びっくりしたでしょー」 みたいな( ・ω・)


で、本番。
3Dさに違和感がない。超奥行きのある映像 とでもいうのかな。
それを 一言で3Dって言ってるわけですが
なんか そんな簡単に表現するんじゃ足りない。
「驚かせよう」とか 「この技術すごいでしょ」とか そういったチープなものではなく とってもナチュラルなんですょ。
壮大さ 幻想的 そぉいったものを表すにはその効果が絶大なんですよ。
通常版を見たわけではないんで 違いってのは語れないけど
これは 3D版おススメします。

映画好きな人って たぶん この3Dを受け入れないって人もいると思うんですよね。
アタシもその感情はわかるし。
だけど これはこれでありだと思います。

3時間 あっという間 かなり引き込まれました。


★★★★☆



xxchiezoxx at 21:53│Comments(0)TrackBack(0)映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字